国立文房具店巡り

09.10.30




今日も輪行です♪
今回も非バリアフリーなJR高尾駅をえっちらおっちら利用して、
中央線快速に乗りました。

毎回大変だね〜!


今日は国立(くにたち)駅周辺を ポタリングします♪
「国立」と言う地名は、分寺と川のあいだにあることから名付けられたそうですよ。

ずいぶん分かりやすいネーミングだね。


あれ? これが駅なの。
さえちゃん、駅が見たいって言ってたけど、
なんか割と地味な感じの駅だね。

そーなの。
それがね、国立駅は線路高架化のために大規模な改修工事中で
前の駅舎は一旦取り壊されちゃったんだって。
せっかく国立に来たのに、名物の木造駅舎が見れなくて残念。

ふーん、でも旧木造駅舎の部材は保管してあるそうだから、
もしかしたら工事後に復元されるかもしれないよ?
工事が終わったらまた来よう。



ふと足下を見ると、こんなところに旧木造駅舎のイラストがありました。
んー、絵になる駅舎だね〜。(絵だけど^^;)
この駅舎は、大正15年に作られた都内で二番目に古い木造駅だっ たそうです。

震災や戦争も生き延びてきた建物を、
高架化工事であっけなく取り壊しちゃうっていうのも、
なんだかさみしいもんだね。

さて、気を取り直して!
今日国立を訪れた一番の目的は、

工業デザイナー小泉誠さんのデザインショップ
「こいずみ道具店」


オリジナルでお洒落な文房具を作っている
ちょっと変わった文房具屋さん
「つくし文具店」

見学することなのですが、
せっかく「学園都市」国立に来たのだから、
何か面白いお店があるだろうと、他にも色々文房具屋さん巡りをしてみました。

さえちゃんは文具好きだもんね♪

えへへ、知らない町の文房具屋さんって
何が置いてあるか分からないからワクワクするんだよねー♪
文房具屋さんって、お店によって取り扱っている商品が全然違うんですよ。

さて、
下の写真は「金文堂」さん、
さらにその下の写真は「文具のしまだ」さん、
どっちも駅からすぐのところにある文房具屋さん。






上は、「こいずみ道具店」の近くにある団地内文具店の「フジヤ文具」さん。
看板に、三菱鉛筆、パイロット、ゼブラといった文具メーカーのロゴと一緒に
コピー機やカメラのメーカーであるRICOHのマークが書かれているのがなんだか不思議です。

リコーが昔は文具を作っていた・・とか? 

どうなんだろうね〜
たぶん、コピー機かな?
それにしても、どのお店も個性的で面白かったですヨ。
特に金文堂さんは、品揃え豊富で謎のデッドストックのボールペンが手に入るかもー。


ここで、友達のKさんと合流♪
Kさんは、国立に住んでいて地理にとっても詳しいので
つくし文具店とこいずみ道具店を案内してもらうことになりました!!

持つべきものは、友達だね!


ちなみに、Kさんの自転車(ドッペルゲンガー)も黄色!
私の友達はなぜか、自転車の黄色率が高いのだ。


ここが、「つくし文具店」です。
駅から結構離れた住宅地の中にぽつんとありました。
きっと自分ひとりでは見つけられなかったと思います・・・。

お店はとっても小さくて、しかも敷地面積的にその半分くらいしか売り場が無い感じだったのですが、
他では手に入らなさそうな珍しくておしゃれな文具が所狭しと並んでいて面白かったです!

お店のオーナーさんは元々デザイナーとして活躍されている方で、
家で経営していた文房具店を改修する形で新しくオープンしたそうです。
他の文房具屋さんではまず行なわれない斬新な試みをたくさんされており
その中のひとつ、つくし文具店オリジナルの文房具は ここでしか買えないもの!
オトナの文具って感じでとってもお洒落ですヨ!

今回は、素敵な手ぬぐいを購入しました。

こういう、お洒落なお店が平然と街中にある感じが、
中央線沿線の街らしくて良いね♪

つくし文具店

東京都国分寺市西町2丁目21-7
TEL:042-537-7123

http://www.tsu-ku-shi.net/


大きな地図で見る



つづいて、もう一方の目的 「こいずみ道具店」なんですが、
Kさんも寄るのは初めてだったそうで、
ちょっと道に迷ってしまいました。

看板も無いしかなり分かりにくかったね〜

でも、こういうひっそりとした隠れ家的雰囲気も、面白いよね。

オーナーの小泉誠さ んは、建築物から身近な工業製品まで幅広く手がけているデザイナーで、
このお店は自身のデザインした生活雑貨を展示・販売するお店として2003年にオープンしました。

店内は靴を脱いで上がる、ちょっと敷居の高い感じ!
ですが、小泉さんがデザインされたシンプルかつおしゃれな生活雑貨は
実用本意を突き詰めた美、という感じでとっても 魅力的でした。オススメ!
ちょっと高いけど

ちょっと、というかかなり高かったけどね!

見る分にはタダだもん。ごめんなさい、小泉さん。


こいずみ道具店

東京都国立市富士見台2-2-5-104
TEL: 042-574-1464

営業時間: 平日の13:00〜18:00(土曜日たまに営業)
お休み: 土曜・日曜・祝日・年末年始 ※事前に確認のこと

http://www.koizumi-studio.jp/shop_home.html


大きな地図で見る



ところで、帰りに乗った電車なんですが、
珍しい電車だったみたいで、写真を撮ってるマニアな人がたくさんいました。

そうして見ると、この全身オレンジのボディって古いタイプ? 今は珍しいのかも。
家に帰って調べてみたら、この車両(201系)は、今はもう二編成しか残ってないんだって。

木造国立駅舎は見れなかったけど、レトロな車両に乗れてよかったね?

ワタシは「鉄子」じゃないからナァ



ちなみにこちらが最新車両です〜
調べてみると、こちらの車両は現在58編成が活躍中だそうです

今日はちょっと中央線に詳しくなれたかも。
このさい、鉄子デビューしてみようかしら

深みにはまると怖いよー、たぶん




せっかくなので、
最後に東京赤坂で見つけた居酒屋さん(?)「とり鉄」の写真をどうぞ!

え・・・ あ、
「撮り鉄」とかけてるのね・・・。 




(C)Rinkogirls, Hoshiwi All Rights Reserved, 2011 禁無断転載