圏央道海老名JCTと
失われつつある昔ながらの河川敷周辺

10.02.10〜4.10


何の変哲もない昔ながらの田舎の踏切ですが・・・↓

皆さんこんにちは。
2012年も半ばという今日ですが、
今回は2010年の輪行レポートをアップしようと思います(苦笑)。
ボツにするのも、惜しいので・・・・・

更新を怠るからいけないんだよ。怠惰な生活のツケだね。

むむむ・・・
遊んでばっかりいるわけじゃないんだけどなあ・・・。
というわけで、今回は"ちゃっちゃか"と
ご案内していきますよ〜。


後ろを振り返ると空を埋め尽くす勢いで海老名ジャンクションの橋脚群が!!!

さて、この時オイラたちが立ち寄ったのは
「さがみ縦貫道(圏央道) 海老名ジャンクション」

我らが"輪行女子"の記念すべき第一回のサイクリングで建設中だった高速道路の
一部が完成したらしいという噂を聞きつけて、見に行ったんだよね。

そうそう! アルバイト先から近かった事もあって、
約一年ぶりに見に行ってみました。そうしたら、上の写真です。
気付かないうちに、相模線(神奈川のローカル線)の上にたくさんの橋脚が出来上がっていてびっくりです。








かっこいい〜!!
曲線美〜、・・・っていうとちょっとHな感じ,,? 構造美かな!?

車のスムーズな流れを追求した結果だからこそ
美しく見える形なのかもしれないね!
ちなみに、高速道路のインターチェンジなどのカーブ曲線は単なるだ円の組み合わせではなく、
"クロソイド緩和曲線"という特殊な曲線に基づいているらしい。


わたしの自転車も、構造美がうつくしーい!

ハイハイソーデスカ
ソレハナニヨリデスネー


ちなみに、出来上がったといっても完成したのはジャンクションの部分だけで、
その先はこの通り、ブチッと途切れていました。
この道路が出来れば帰省がとても楽になるので、早く出来上がるといいです。

それ完全に個人的な話だよね



******************




さて、そんな圏央道の建設によって目まぐるしく変わっていく周辺の景色。
私の通勤(通バイト)?ルートもどんどん通行止め・廃止になっていきました。
上の写真を見て頂ければ分かりますが、
川沿いの走りやすい道はことごとく廃止されてしまいました・・・。
(もはや、どこを通ればよいのやら?)

高速道路の建設とあわせて、堤防周辺の整備も行われるみたい。
前回通った所は、もう工事現場の中になっちゃったし、この変化っぷりはすごいね。


これは通行止めになる前、かろうじて通れたときの道の様子。


これはその後の状況。
場所はちょっと違うけどその変化っぷりは分かるかと。


そして橋脚が立ちました。
はじまるとあっという間ですね〜。
昔の景色が失われていくと同時に、新しい景色がどんどん作られていきます。


こちらは、そんな変わってゆく最中の河原周辺で見つけた
ちょっと面白いモノ。


「河原への安全通路」の看板です。
珍しいですね〜。今は高速道路の建設で掘り返されちゃってる河原ですが、
きっと市民の憩いの場だった頃もあったのでしょう。


この安全通路も案の定、今は工事現場へと繋がっていました。
早く完成して周辺に平穏が戻ります様。


思い返すと、この写真を撮った頃からもう二年が経ってしまいました(執筆は2012年5月)。
自転車もまだまだピカピカですね。んー洗車しようかなぁ。



圏央道海老名ジャンクション下

神奈川県海老名市社家



大きな地図で見る




(C)Rinkogirls, Hoshiwi All Rights Reserved, 2012 禁無断転載