国分寺鷹の台
武蔵野美大美術館の企画展を見に行く+銭湯ポタ

11.06.25


今日はムサビこと、武蔵野美術大学へ!

展示を見に行くだけですケド・・・・
美大なんてドキドキです!!
なんといっても、はちみつとクローバーのモデルとなった大学ですョ。
ま、じつはそんなに遠くもないので気軽に〜〜 行ってみましょ〜


目指すは鷹の台駅〜っと。
あれ? 路線がぐるっと回ってる・・・え??
西武国分寺線、わかりづらすぎるよ!!

まるで図鑑に載ってるほどけにくい結び方の図みたいだ!!


ユーミンも歩いた上水沿いの小径をゆく

思考回路がほどけなくなりながらも、無事鷹の台駅に到着。
実はどういうルートで来たのか自分でもよく分かっていません(笑)。

まあ辿り着いたから良し。ここ、たしかに美大生っぽい人多いね。


駅からは、玉川上水沿いの緑道を通ってムサビへ♪
同校出身のアーティスト、松任谷由実さんの曲「悲しいほどお天気」でも歌われている道です。

自転車もゆっくり走ればOKとのこと。
気持ちいいサイクリングコースだね! 

玉川上水はかつて、江戸の飲料水確保の為に人工的に掘られた水路で、
羽村市から都心まで流れてます。
今でも一部は現役水路として使われているらしいのですが、
水路はすご〜くえぐられてしまっていて、水面はよく見えません。


なんか個性的な遊具が置いてある公園を通過。
さすが美大の街。

申し訳ないんだけど、私には奥の物体は生理的に無理・・・・

シャレおつ! ムサビ着

ムサビ着! 
画材道具をガラガラ引いて歩いてくるとすごく大変な距離に感じるんでしょうけど、
自転車だったらあっという間ですネ。

正門のデザインは、ハイセンスすぎてむしろシンプルになっちゃった系だ。

自転車を駐輪場に停めて潜入〜。広々としてて良いですね。
建物は全部コンクリート打ちっぱなしなんだ。

絵の具がそこかしろに飛び散ってる光景を想像して来ると拍子抜けだな。

個々の演習室にはそういう所もあるみたいだけどね。

さて、途中でムサビ在籍の友人と合流して
奥のほうにある学食でお昼ごはんを頂きました (安くて美味しかった!)
食後、少しダベッたあと授業のある友人とはここでお別れ。
私たちは画材店を物色したあと、美術館へ。


美術館は最近竣工した図書館の一角にあります。
見に来たのは、
WA : 現代日本のデザインと調和の精神
世界が見た日本のプロダクト展

です。約160点の工業製品を通して、
日本の伝統美、創造性や機能性にあふれた「和」のデザインを紹介しています。

これは、もともとはフランスで開かれていた企画展。
日本のものづくりの良さを再認識出来るとの評判だったので見にいきました。
感想としては、基本的には日本で見られる既存の製品が並べてあるだけなので
それほど新鮮みのあるものではなかったです。が、日本にしかないオリジナリティーって
こういうことなのかと再認識出来る機会って貴重なのかもしれませんね。

個人的にはそれよりも、図書館の二階にあった、
世界の名作椅子ギャラリーみたいな教授の趣味全開なコーナー(!?)が楽しかったです。椅子欲しいなー!!


よくみるとあのスロープもインパクトがあって面白いな。パチンコみたいで。

ムサビのハイセンスさに刺激されて、私も少しクリエイティブな気分になりました!
機会があればほかのアート系大学にも行ってみたいな〜。

武蔵野美術大学美術館

自転車で・・・
西武国分寺線・鷹の台駅から約20分
※時間は目安で、所要時間には個人差があります。

輪行おすすめ度 ★★☆☆☆
面白い展示があれば是非
大学キャンパス見学もおもしろい

住所・営業日・駐輪場情報など
東京都小平市小川町1-736
駐輪場はすし詰め状態・・・
http://mauml.musabi.ac.jp/


より大きな地図で ぶら輪☆おすすめスポット を表示


憧れの学生生活・・・昭和レトロ銭湯に浸かろう

用事も済んだしムサビを後にしたおいらたちは、
街をぶらーっとしながら、もうひとつの目的地 小平浴場(銭湯)へ。


まさに学生のための食堂〜って感じのレストランを発見!!
きっと、安くてボリューム満点。マスターが気さく (あくまで想像ですが・・・)
学校帰りに、こういうお店に寄って、友達と暇な時間をつぶす〜っていうのも良いですね。

残念ながら私の大学の周りにこういうお店はありません・・・・。


気持ちのいい道だったので帰りも玉川上水を快走〜。
よく踏み固められているので、タイヤの小さい私の自転車でも難なく走れます。


小平浴場に到着。
実は鷹の台駅周辺には銭湯が三つもあるのだ。ここはそのうちのひとつ。

一番年季の入っていそうな所を選んでみた!!
銭湯好きとしては、このあたりで下宿している学生は羨ましい限りです。


時間が早いせいで、まだ開いてなかった。

あらーん。
今ちょうど15時くらい。入口の看板によると今日の営業時間は15時45分〜だって。
ぶらぶら時間をつぶそうか。


・・・・・ん?
この看板、看板じゃなくて壁に直接描いてあるよ!! すげぇ!!
・・・グリーンロードって何だ・・・?

調べてみたら、さっきの玉川上水沿いの遊歩道の事をそう呼ぶらしいよ。
この絵、たぶん銭湯の壁画職人の方の作品だね。
こういう所に、ササっと描いちゃうんでしょうね。すごいなぁ〜〜。
ただ、この絵、玉川上水というよりは
ジャングルの奥地っぽい感じである・・・・・(笑)


さて、開店までちょっとぶらっとしようと自転車で走り出した矢先、
天候が崩れていきなりのゲリラ豪雨。こんなの聞いてないよ!!
銭湯の入口に屋根付きの駐輪場があった事を思い出し(自分ぐっじょぶ)、急いで銭湯まで戻りました。


が、時は既に遅し。服も自転車もびしょびしょに・・・・。
着替えなんか持ってきて無いし、困った。

いいこと思いついた。銭湯のドライヤーで乾かす作戦!!

おー!!  でも、あれ確かお金かかるよね。
上下全部乾かすとなると何百円あっても足りない気が・・・・。


待つこと十数分。ともあれ開店しました。
番頭さんに「大変だったわねー いきなり降ってきたからねー
服は扇風機に当ててれば乾くわよー」とお声をかけて下さいました。


お湯は激熱!でしたが慣れると良いお湯でした。
脱衣所等も昔のままの超レトロな感じだったので、そういうのが好きな方には大変おすすめです。
※犬は入れません。


小平浴場

自転車で・・・
西武国分寺線・鷹の台駅から約10分
※時間は目安で、所要時間には個人差があります。

輪行おすすめ度 ★★★☆☆
数少ない純・昭和レトロの銭湯

住所・営業日・駐輪場情報など
(営業日・時間は要確認)

東京都小平市津田町3-4-22
屋根付き駐輪場有


より大きな地図で ぶら輪☆おすすめスポット を表示



お風呂から上がったら雨がやんでた!!

雨の中ずぶぬれ自転車を覚悟してたので、ラッキーでした!!
服も、扇風機の前に吊るしておいたのでほとんど乾きました。
んー、なんか今回はすごく有効的に銭湯を利用出来た感じだっっ!!


そんなわけで、ゲリラ豪雨に遭いながらも
万事うまくいった今日のぶらり旅でした。

ただし、ハチクロ的な胸キュンな展開は期待すべくもなかったのだった・・・。


トップページへ戻る


(C)Rinkogirls, Hoshiwi All Rights Reserved, 2013 禁無断転載