日本の原風景を満喫!
ブロンプトンで一泊二日の房総半島輪行旅行  その2



  ついに発見! 高宕渓谷に潜入

高宕渓谷の入口に到着しました。
この、すごいインパクトの素彫りトンネルが高宕渓谷の入口です。ネットでみた通り!!
半信半疑で探しながら来たから、これを見つけた時は感動はひとしお!!!

何年か前にインターネットで見てから、ずっと来たかった場所だったんですが
当時はこの場所が「房総半島のどこか」ということしか分からず、自転車も行動力もなかったため(笑)
今、ここに自分の足で辿りつけたことに感激しています・・・・・^^

道は合ってたんだね・・・!
さえちゃんの野生の勘、案外馬鹿にならないぞ

案外は余計だし! 
とにかく早速、トンネルに入ってみますか!





No.009

千葉・高宕渓谷の
ワイルドな素彫りトンネル

一部・林道マニアには有名な場所らしい
千葉の山奥の秘境にあるトンネル


おーーっ
ディズニーシーの火山があるところみたい。
えーっと、そうだセンターオブジアース

ここは本物だからね。東京から数時間のところとは思えないこの大自然
そういえばディズニーシーも千葉県だし、千葉すげー。 

トンネルを抜けました。
ただのトンネルなのに、なんだかすごくドキドキした・・・!!

お、水の音が聞こえてきたよ。
ゴールは近いね。 

右側を見ると、川がありました。
驚いたことに、よく見ると川もトンネルのような穴を通って向こう側に流れてる。
どういうことなの・・・・

※あとで調べてみたところ、ここの川用のトンネルは
下流域の水田・牧場を開発するため明治時代に掘られた人工のトンネルだそうで
実は結構すごいものでした。


先へ少し進むと、道は川に沈むようになくなっていました・・・。
とうやらここで行き止まりのようです。振り返ると、

 

お〜〜 ! ! ! 秘境 ! ! 

12時10分、高宕渓谷到着です!
なんだかんだ、金谷港フェリー乗り場から二時間もかかってしまいましたけど。
幻想的な風景にうっとり。

この、切り立った崖も房総半島ならではだねぇ。


聞こえるのは水のせせらぎと鳥のさえずりだけ・・・。
まさに、秘境っていう感じだね。
それをおいらたちだけで独り占め出来る贅沢。

そっか! 独り占めかあ・・・
ちょっぴり川にお邪魔して、ブロンプトン撮影会しちゃおっと。

あら。いい


!!!!
このままアウトドア雑誌の表紙に使えそうなんじゃ!? 

おおっ? おぉ〜〜〜

読者の皆さん、こういう時彼女はそっとしておくに限るんです。
自分の趣味に陶酔してる人とつき合う秘訣です。

はい。満足しました。ありがと。

さて、ここから先へ更に川を上っていくと、
水の流れで削られて出来たたくさんの奇岩が見られる風光明媚な場所に行けるらしいのですが、
今回は長靴等の装備を持参していないのでそちらはパス。

長靴を持参したらそれだけでバックが一杯になっちゃいますので、あえて持ってこなかったんですけど・・・
ちょっと無理してでも持ってくればよかったかも。

しばらくここで風景を見ながらまったり。
フェリーの中で買ったお菓子(じゃがりこ)を食べたら、海岸線まで戻ろう。

高宕渓谷

自転車で・・・
JR内房線・上総湊駅から約90分
東京湾フェリー・金谷港から約120分
※時間は目安で、所要時間には個人差があります。

輪行おすすめ度 ★★★★☆
坂道多く大変だけど道中の景色が色々と変化して楽しい!

住所・営業日・駐輪場情報など
・観光地ではないので周辺住民の方への配慮

・車両進入禁止
・富津市宇藤原


より大きな地図で ぶら輪☆おすすめスポット を表示


下り一直線!! 目指すは夢のカレー!

帰りはずーーッと下りです!!
気持ちいい〜
下りながら、こんなに登ったんだなぁと自分の脚力に感心^^

20分弱で海沿いの127号線に復帰。
行きは道を探していたのもあるケド、なんと1/5の時間で降りて来れたのね。

ちなみに私はいつも交通安全で走ってますよ、念のため!
さて次は昼ごはん、目的地は保田駅そばにある「夢のカレー」というお店です。
こちらのお店も、房総半島に行ったら寄りたいと思っていました。名前に負けず、おいしいらしいんですよ! 
半端な距離なので、保田駅までは輪行せず自転車で行きます。

夢のカレー! 究極のカレーはインドではなく、千葉県にあったんだ! (笑)
楽しみだね!

ちなみに、ここまでで既に37kmも走ってました。
私の脚力すごい・・・・

行きも通った道だから、淡々と夢のカレーをめざすよ!

うわっ! なんだこれ!?

・・・ピ、ピラムだよ、さえちゃん。

そっか、ピラムか。

・・・・ピラムって何!?

中にある階段状の穴?も気になりますが、それっぽい解説書きもなく、現地での解明は断念・・・。



No.010

ピラム
ネットで検索したら正体が分かりました。
ここで答えを言っちゃうのもつまらないので
気になる人は検索してみてくださいね♪

それにしても、さっきから風! すごい向かい風だよ!!
下り坂なのに全然進まないです。

向かい風に立ち向かってこそ、その先にある夢のカレーなのだ。  

ううううう〜。せっかくの下り坂なのに、損した気分だ〜。

13時30分、金谷港のフェリー乗り場を通過です。
フェリーがいないときは割と閑散としてますね。

今回はスルーする、鋸山ロープウェー乗り場も通過! 

よく見ると看板が立体的。凝ってるなぁ〜〜
昨年末に導入されたスイス製の新型ゴンドラだそうです。
ロゴマークも含めて日本製のものよりおしゃれですね。乗ってみたいな〜。

今日はそれよりも、夢のカレーなのだ!

途中ものすごく、崩れそうなスポットを通過・・・。
いつ崩れてもいいように鉄板でガードしてますけど、果たしてあれで守れるんでしょうか・・・
よく見ると道路の中央に崩壊の兆しを感知するセンサーみたいなものも立ってますし、怖かった

 ただでさえ道幅が狭く、交通量も多くて怖い国道127号線。
極めつけっぽいのがこのトンネルだ。


徒歩・
自転車でトンネル内に入るときは
下の赤いボタンを押して下さい


ボタンを押すとトンネル上のLED表示板で
自動車ドライバーに注意喚起されるようです。
・・・・どんだけあぶないの!!


こんなすごい設備作るんだったら歩道作って下さい〜
応援はするけど、助けはしない、ツンデレ!?な国土交通省でした。

お、次のトンネルはちゃんと歩道があるね。道の反対側だけど

あるだけでもありがたいね。
えいやッと、ガードレールを乗り越えて先に進みます。
この調子でいずれ全部のトンネルに歩道を作って欲しいです。

ドーン! !
途中で行き止まりだった!!

・・・いや、諦めるのはまだ早い!!
ここに隙間がある。

                お? 
先が・・・!
   ない。

ここで、反対側に渡れって言うの・・・?
くじける・・・

何とか道を渡り、しばらく進んだ所、その先は更に道が狭く。おわった・・・
でも、右に歩道っぽい出口があるにはある。

・・・もう私、国道127線のことは信用してない。
(念のために見てみたら、この出口も案の定行き止まりでした)

一応行ってみるさえちゃんもさえちゃんだけど・・・
ともかく、国道127号線は自転車で走りづらい道なのは間違いない。

さて、トンネルを抜けると、そこは夢のカレーであった〜♪
ってあれ!?

閉まってる・・・・。
営業時間内のはずなのに。どうして!?
おいらの夢のカレーが!

急遽、インターネットで調べた所、
どうやら今月始めに店仕舞いしてしまったようです。
30年以上営業していた老舗らしいのですが、お店の方がご高齢だったそうで、やむなし。
夢のカレーが果たしてどんな味だったのか確かめる事が出来ず、本当に残念でした・・・。

落胆しながら、保田駅に到着。
まあ、こういうハプニングも含めての旅だね。

そうだね。行かずに後悔するより行って後悔した方がいい!
さて、ここからは途中下車しつつ館山駅まで電車で移動します。
この時間帯、一時間に一本程度しか走っていない内房線ですが、
たまたますぐに電車が来てラッキーでした。

そんなわけで
途中、富浦駅で途中下車して「崖観音」というお寺を見に行くつもりだったおいら達ですが、
向かい風の中を走った疲れと「夢のカレー」が閉店していたショックで
館山駅まで寝過ごしてしまったのでした。


次へ
トップページへ戻る


(C)Rinkogirls, Hoshiwi All Rights Reserved, 2013 禁無断転載